光目覚まし時計initの基本的な使い方、セッティング紹介

光目覚まし時計initの基本的な使い方、セッティング紹介

 

光目覚まし時計の使い方をあなたは詳しく知ってるでしょうか。
実際に購入した後の感覚をつかむためにもどうやって使うのか知っておいて損はありません。

 

ということでここではそんな使い方などについて簡単に説明していきます。

 

基本はタイマー式

intiは目覚まし時計、ということで通常の時計と同じように時間で起きるタイミングを設定できます。
光目覚ましなので音じゃなくて光ですけどね。

 

 

そしてその設定方法は本体についてるボタンで行います。
時間の設定はもちろん、光の強さ、アラーム、つまり音が出る設定もできます。
光で起きられる自信のない人はアラームと併用して使うこともできます。

 

電源はコンセントから直接つなぐ方式になります。
本体に充電して使うので暇なときに充電しておけばどこでも使えるようになります。
ケータイ電話と同じタイプですね。

 

 

こうやって近くにコンセントがあれば充電しながら使えますね。

 

壁掛けと床置きに対応

intiはよくあるおいて使う目覚ましのようにも使えますし、裏のへこみを利用すれば壁掛けにして使うこともできます。

 

床置きはスタンドで

 

 

 

壁掛けの穴は6つあるので使いやすい場所にセット。

 

 

置き方がかなり自由なのと、コンセントいらずということで大抵の人は置き場所に困ることはありません。
布団の人は頭の横に、スペースのない人は近くの壁に、なんてことができます。
あなたの部屋のレイアウトでちょっと想像してみてくださいね。

 

最後にインティのスペックはこちら。

 

 

重さ195グラム、大きさは12×12の正方形なのでかなり小さめ。
あなたのスマホと大体同じくらいの大きさのはずです。
壁掛けのフックがバキッと折れるようなこともありませんよ。

 

まとめ

 

タイマーでセット。アラームも設定可能
壁や床に置いて使える

 

公式サイトにも書いてありますが様々なシチュエーションに対応できるようにしたとのことです。
よっぽど特殊な部屋でなければ大丈夫だと思いますよ。